背中ニキビの原因を知ってケア!背中にきび治し方チェキ > 背中ニキビ治療法 > 背中ニキビを治すにはエステやレーザー治療がオススメ

背中ニキビを治すにはエステやレーザー治療がオススメ

背中ニキビのニキビ跡は、自分では治す事はできません。
にきびは、一種の傷です。

にきびができる→炎症が起こる→皮膚細胞を壊す→それでも再生をする→キレイにならず、中途半端な状態。
これがニキビ跡です。

シミのように見えたり、色素沈着を起こしていることで、その部分の肌再生がうまく行っていない肌トラブルです。
そこで、そこの肌の生まれ変わりは、あくまで自身の力が有効ですが、その手助けとしては、エステや皮膚科の施術がより有効です。

自己ケアの化粧水などではうまくいかないのが現状です。
ただピーリング(古い角質を剥がす)は期待ができるのですが、デリケートなケアだからこそ、専門施設がより効果的です。

ベストなのは、皮膚科のレーザー治療です。
シミを取り除く要領で、ニキビ跡をキレイにすることができます。

治療ではなく施術でいうと、エステでは、皮膚の深層部まで刺激を与えることで、肌再生を効率的に行います。
現在の技術では、クレーター化したニキビ跡も治すことができます。
コラーゲンやヒアルロン酸注入などの様々な方法があります。

できてしまったニキビは、市販の薬などで治す事ができますが、背中ニキビの場合、完全にきれいになったことを確認しないで、ケアしないことでニキビ跡を作ってしまうことが多いです。
こうした事にならないために、ニキビができて、自分でケアをしてあとに、エステに行くことです。

体のケアということで、確認の意味も込めて施術をしてもらうことで、ニキビがきちんと治っているか、ニキビ跡がないかを確認できます。
もし、あとがあったとしても、時間が経っていないことから、エステの施術できれいになる可能性が大きいです。

普段から、背中ニキビに気をつける点としては、
・石鹸やボディソープ、シャンプーはきれいに流す。
・野菜を中心として、脂質の少ないビタミンの多い食事
・ターンオーバーの促進のため睡眠をしっかり取る
・生活習慣として、運動を行う
・背中ケアのためのクリームや化粧水を使う
などをオススメします。

そして、できてしまった背中ニキビは絶対に色素沈着だらけにしない、心配ならすぐに皮膚科に行くなどの治療を行うことが大切です。
たかがニキビと思わないことです。

ニキビは傷であり、本来医療機関での治療を必要とする傷なのですから、自宅でケアをするときには、慎重にすることなのです。

これは背中にかぎらず、顔も同じです。
こういったことを心がけると、ニキビ跡もできないみずみずしい肌でいることができます。