背中ニキビの原因を知ってケア!背中にきび治し方チェキ > 背中ニキビが出来る原因 > 食べ物が原因の背中ニキビ!どうして背中にできるの?

食べ物が原因の背中ニキビ!どうして背中にできるの?

食べ物とにきびは密接な関係にあります。
ニキビに必要なものは皮脂とアクネ菌です。
その皮脂の原因となるモノに、脂肪分が多い食べ物、糖分が多い食べ物などがあります。

そして、これらの栄養分を分解してくれるビタミンなどを不足すると、ニキビができやすくなります。
それも顔だけではなく、背中にできてしまうことに。

不摂生が続くとニキビができるのですが、その時に背中ニキビができる方がいらっしゃいます。
それはストレスなどが原因ですが、せめて食べ物で、ビタミンや野菜、食物繊維などを口にすることをおすすめします。
こんな時に化粧水などでケアを頑張っても、なかなか治りません。

私は乾燥肌なのに、皮脂が多いなんてという方も、乾燥肌の皮膚は、水分が少ないことでムリに皮脂を分泌します。
その時に、皮脂の多い食べ物を口にしていますと、思いの外ニキビが多くなったり、背中にブツブツできてしまいます。
その上汗やシャンプー、石鹸等が残っている背中ですと、ニキビはひどくなりやすいです。

ですから、乾燥肌の方も実は皮脂が多い皮膚であり、気をつけなくてはならないと言うことになります。

背中ニキビを治す方法として、食べ物と生活習慣を見直してみてください。
皮脂の元となる脂肪分をゼロにするのではなく、少し少なめにして、野菜を多く食べましょう。

気をつけたいのが、ジャンクフードやお菓子商品類です。
カサカサとした口当たりですが、とても脂肪分が多いので食べ過ぎは注意です。

糖分でいうと、清涼飲料水とアルコールです。
糖分をたくさん含みアルコールは血行を良くすることから、ニキビが炎症を起こします。

背中ニキビは、治ったことを確認することが難しく、色素沈着やニキビ痕ができたとしても気がつかないことが多いです。
ですから、背中ニキビができたと思ったら、オロナインなどで治すのではなく、皮膚科に行くことをオススメします。

乾燥肌やアトピー気味の方は、自分で治そうとしないほうが良いです。
繰り返し背中ニキビができる方は、食生活と生活習慣の改善なども本気で考えてみましょう。
お風呂では、背中をゴシゴシと擦るのではなく、優しい泡を使って洗って、かならずキレイに流してください。

その時、髪の毛にあるシャンプーやトリートメントを背中に残したままにしないことです。
ロングヘアの方は、肌に髪が触れないようにしてください。
背中ニキビができた時には、木綿の吸水性の良い素材の腹を着るようにしましょう。