背中ニキビの原因を知ってケア!背中にきび治し方チェキ > 背中ニキビの対策方法 > 背中の保湿を考える キレイにするばかりではない

背中の保湿を考える キレイにするばかりではない

背中ニキビをなおすには

シャンプーやリンスの成分は、髪を清潔にしたり、しっとりとさせる成分が入っています。
当然のことながら、肌にとってはマイナスの成分です。
その成分は、毛穴を塞いでしまいます。
毛穴が塞がるということは、そのままニキビの原因になってしまう。
背中には、毛穴からの皮脂分泌がとても盛んに行なわれていると言われているところです。
というのも、肌がカサカサとおもったとしても、背中がカサカサしている事は乾燥肌の肩以外は聞かれないことです。
それだけ、皮脂が多いとされています。

そんな皮脂が多い部分に毛穴が塞がるということは、肌トラブルが起きないわけがありません。
普段の背中の環境は、服で覆われて、常に汗っぽい。
湿気がたくさんという状態です。
その皮膚環境が悪い事は、あせもをつくったり、かゆみの原因になることもあります。
毛穴がふさがる、外部からの刺激がついてしまう、そうしてその中にアクネ菌があれば、背中ニキビになり、そのほかの菌で吹き出物になります。

その毛穴が塞がるのは、洗い残しばかりではなく、汗とともに付着した体の汚れ、古い角質などなんでも背中ニキビの原因になります。
それをキレイに常に洗う事が必要になり、背中の洗浄には心を配ることが大切です。
しかし、たいていは洗いっぱなしにしてしまうところですが、それでは肌はキレイにならない、返って傷んでしまうことになりますから、保湿ができるスキンケアをすることが必要になります。

そこまで行なって、本当の意味での背中ニキビを防止することになり、現在背中ニキビができている方にとっては、いち早く改善ということになります。
背中の保湿は、顔用のものでも良いのですが、皮膚が厚いため専用のものを使用することをお勧めします。
毛穴の詰まりをなくすことを心がけるとともに保湿を補うことを繰り返すことで、背中ニキビそのものを予防することができます。
もちろん肌そのものもピカピカにキレイに保つことができます。