背中ニキビ予防 洗いすぎなこととピーリング

6bd4e735ed812dd7e622f394b2bb2356_s

背中ニキビを防止することと、すべすべの背中、みんなが憧れるような背中にするには、スキンケアを考えましょう。
洗う行為に注目するとしたら、石鹸も良いのですが、洗いすぎない潤いを残すようなボディシャンプーを使うのも良いでしょう。
その時に肌に合うもの、刺激が弱いものを使うのがポイントです。
きちんと全面洗えるように、スポンジなども工夫をしてください。
ナイロンの刺激のあるものはかゆいところには気持ち良いのですが、刺激は強いです。
タオル地や肌に優しいもので、泡で洗えるようなものが良いでしょう。
ゴシゴシは少し肌には強すぎるとされています。

そして、スペシャルケアのお勧めですが、2週間に一回程度のピーリングを試してみてください。
これは、古い角質を落とすもので、顔などで使用されている方も多いです。
背中を洗うのはできているようでできていないことが多いとされています。
鏡を見ながらと言っても、確かに落ちているかどうかは確かめようがありません。
ですから、少し強力なものですが、ピーリングを使用することで、古い角質をとってしまいましょう。
この時に使用するのは、ピーリングが入っている石鹸が良いでしょう。
洗い流せることで、ピーリング効果を実感することができます。

そして、このピーリング後は乾燥し易い(角質を溶かして洗い流すため)ので、保湿化粧水を付けてください。
いつもより少し多めにするのがコツです。
このピーリングをするために、普段は強く洗わないほうが良いということになります。
石鹸にしても、ボディシャンプーにしてもゴシゴシと洗うことで、体に必要とされる油分もとってしまうことになります。

その時に肌を傷めるとともに皮質分泌を増加させてしまい、ますます背中ニキビを作る原因になります。
洗いすぎによる背中ニキビも大きな原因の一つとされていて、気をつけなければならないことです。
洗いすぎ、これは顔のスキンケアにもいえることです。
そして、ピーリングはいつも行うのではなく、10日か2週間に一回のスペシャルケアにしてください。